福岡のパソコンサポートは福岡県糟屋郡須惠町のT&M PC サービス福岡
 
福岡のパソコントラブル出張サポートはT&MPCサービス福岡にお任せ下さい
トップページ  料金  サポート事例   御利用にあたって  一ノ谷博士のブログ  

パソコンサポート関連リンク集
 サポート予約申し込み


  カテゴリー別目次へ戻る


パソコン豆知識  アウトルックエクスプレスからアドレス帳をライブメールへ移す

 

パソコンのデータと設定を移行するソフトがまともに仕事をしてくれませんでしたので、手動でWindowsXPに搭載されているアウトルックエクスプレスのアドレス帳をWindows7のWindows live mailに引っ越ししました。
これはたいしたことではないと思うのですが一応ノウハウがあります。
アウトルックエクスプレスからアドレス帳をエクスポートするときに、CSV形式を選ぶのですが(CSV形式はカンマ・セパレーティッド・バリューの略、データをカンマで区切ったテキストファイルです。)これをそのままライブメールにインポートしても読めません。
意味不明の文字列になります。
そこで、CSV形式のファイルをメモ帳で読み出して、ファイルの形式をunicode(utf-8)で保存する必要があります。
この保存したファイルを改めて、ライブメールにインポートすると読めるデータとしてアドレスが表示されるようになります。

この比較的簡単な作業にもトラップがありました。
依頼人からアウトルックのアドレス帳をライブメールに移してといわれたので、作業を実施したのですが途中で何か変だと気づきました。
アウトルックにはごくわずかしかアドレスのデータが存在していなかったのです。
依頼人にその旨を伝えました。

勘のいい人はおわかりだと思いますが依頼人はアウトルックエクスプレスのアドレス帳を移行してもらいたかったのです。
マイクロソフトはメールソフトの名前を変えてしまったので、責任を追及しても仕方ないのですがアウトルックとアウトルックエクスプレスの両方でメールが使えるというのは誤解の元です。
依頼人はアウトルックといえばアウトルックエクスプレスのことだと思っていたそうです。

関連記事 ウインドウズライブエッセンシャルのインストールが正常に終わらない


このページのトップへ

カテゴリー別目次へ戻る


トップページ  料金  サポート事例   御利用にあたって  一ノ谷博士のブログ 

パソコンサポート関連リンク集 サポート予約申し込み
福岡のパソコントラブル出張サポートはT&MPCサービス福岡が行っています。