福岡のパソコン修理・出張サポートは福岡県糟屋郡須惠町のT&M PC サービス福岡
 
サポート事例 パソコンのリカバリー(福岡県志免町)
福岡のパソコン修理・出張サポートはT&MPCサービス福岡にお任せください
福岡市および周辺で個人向けにパソコン訪問サポートをやってます。  
ウィルス削除、LANの設定、データの移行など気軽にお電話ください。
代表  矢野勇雄 プロフィール
住所  福岡県糟屋郡須惠町上須恵1267-2ツインサンライズB201
受付 09:00~21:00  作業開始時刻はお客様の都合に合わせています。
TEL 092-410-6278
携帯 090-7390-8149

メール tmpcservice@fukuoka.nifty.jp
トップページ   料金   サポート事例    御利用にあたって   当社ブログ  

パソコンサポート関連リンク集
パソパソコンの豆知識目次コンの豆知
識目次
パソコントラブルサポート事例 パソコンのリカバリーを実行した。

 パソコンのリカバリーを依頼された。
OSはWindowsVistaのSP2である。
ハードディスクが壊れたとか、ウインドウズが起動しなくなったとかではない。
パソコンにスパイウエアが感染した恐れがあるらしい。
依頼人はネットバンキングをやっているので情報が漏れないようにしたいということである。



パソコンのリカバリーをお願いしますといってメーカーのサポートに出すと工場出荷状態になって戻ってくる。
これならスパイウエアの心配はなくなり安心はできるだろう。

一般の方がパソコンサポーターにリカバリーを依頼する場合は当然ながらいったん初期化された上で日常使っていた状態になって戻ってくることを期待しているだろう。

そこで依頼人とは細かい打ち合わせが必要になる。
見たところ、デスクトップ上にはたくさんのアイコンがある。
しかし、依頼人の主張するところではアプリケーションソフトを買ってきてインストールしたことはないそうである。
デスクトップ上にアイコンがあるのはパソコンに最初から添付されていたソフトと子どもたちがインターネットからダウンロードしたソフトだそうである。

ここで確認をする。
「リカバリーをすると何もかも消えてしまいますよ。」
すると住所録は取っておいてほしい。
メールも保管しておきたい。
最後に、itunesの音楽ファイルがなくならないようにしてほしい。
という指示が出た。
この指示に従ってリカバリー前の作業を依頼人と一緒にする。
まず、筆ぐるめのバックアップ機能を使って住所録をUSBメモリーに保存する。

メールはエクスポート機能を使ってメッセージとアカウントを保存する。
よくあることだが今回も依頼人はメールのパスワードを記憶してなかった。
プロバイダから送ってくる書類にアドレスとパスワードが書かれていることも多いが今回はなかった。
プロバイダから送られてきた書類にはアドレスの作り方が書いてあるだけだった。
依頼人はパスワードを紙に記録しなかったらしい。
パスワードは紙に書かずに記憶しておくようにいわれることが多いが今のパソコンはパスワードを記憶してくれるので人間は忘れてしまう。
パソコンのログインパスワードと併せて、紙に記録しておくことを強く推奨する。
家に侵入者がなければ大抵の場合、充分である。

itunesのファイルであるがこれはミュージックのフォルダを丸ごとバックアップすればよい。

さてリカバリーである。
時間がかかるのでパソコンを持ち帰って私の事務所で実施する。
今回はHDDの故障ではないのでHDDのリカバリー領域のデータから行う。
具体的なやり方はパソコンによってそれぞれなので書かない。
リカバリーは20分ほどで終わった。
次は初期設定、これもすぐに終わる。
MS Officeをインストールする。
再起動する。

さて確認である。
OSはVistaのSP1になっている。
これにSP2のインストールディスクを適用する。
30分ほどで終わった。
セキュリテイ対策ソフトがないのでとりあえずマイクロソフトセキュリティエッセンシャルズをインストールする。
後はウインドウズの更新の適用だがこれは大量にあり、終わるのを待っているわけにはいかない。

ここまで作業が進んだところで続きは依頼人の家で行う。
まず、無線LANの設定。
ルータに書かれているSSIDとKeyをメモに取っておき、設定画面に入力する。
インターネットエクスプローラーを開き、接続されるのを確認する。
ここでヤフーのトップページを開き、次回からこのページが最初に開くようにしておく。
この設定を希望される人は大変多い。
次に無線LAN接続プリンタの設定であるが特に問題なく設定できた。
itunesをダウンロードしてインストールする。
バックアップしておいたミュージックフォルダを戻す。
次にメールの設定だがエクスポートされたデータをインポート機能を使って戻す。
特に問題ない。
最後に筆ぐるめの住所録だが、リカバリーしたパソコンには筆ぐるめは存在せず復元することはできなかった。
依頼人はパソコンを買ったときには筆ぐるめはあったといわれるが私にはどうしようもない。
パソコンに付属のアプリケーションディスクにも筆ぐるめは存在しない。
どうするかは依頼人が自分で考えるしかないだろう。

ここまで延々とリカバリーの話を書いてきたがこれを読まれればそれなりに料金がかかることはおわかりになっていただけるだろう。






当社ではパソコンの設定を最適な状態に維持できます。福岡市近郊でしたら出張サポートにより対応します。お気軽にご相談ください。




サポート事例の目次へ


トップページ   料金   サポート事例    御利用にあたって    当社ブログ 

パソコンサポート関連リンク集  
パソコンの豆知識目次
福岡のパソコントラブル出張サポートはT&MPCサービス福岡にお任せください