福岡のパソコン修理・出張サポートは福岡県糟屋郡須惠町のT&M PC サービス福岡
 
パソコン修理・サポート事例 Outlook expressのメールをWindows Live Mailにインポートしてみたが、「インポートされたフォルダー」が開けない。(福岡市中央区)
福岡のパソコン修理・出張サポートはT&MPCサービス福岡にお任せください
福岡市および周辺で個人向けにパソコン訪問サポートをやってます。  
ウィルス削除、LANの設定、データの移行など気軽にお電話ください。
代表  矢野勇雄 プロフィール
住所  福岡県糟屋郡須惠町上須恵1267-2ツインサンライズB201
受付 09:00~21:00  作業開始時刻はお客様の都合に合わせています。
TEL 092-410-6278
携帯 090-7390-8149

メール tmpcservice@fukuoka.nifty.jp
トップページ   料金   サポート事例    御利用にあたって    当社ブログ  

パソコンサポート関連リンク集
パソパソコンの豆知識目次コンの
豆知識目次
パソコントラブルサポート事例 Outlook expressのメールをWindows Live Mailにインポートしてみたが、「インポートされたフォルダー」が開けない。(福岡市中央区)
 時節柄、WindowsXPのメールソフトであるOutlook expressからWindows7上で動くWindows Live メールに引っ越しをするという依頼は多い。
ただ、この問題は依頼人がその気になればインターネットでその方法は簡単に
探し出すことができる。



自分ではどちらのメールソフトも利用しないので、使い方について質問を受けてもすぐに頭に浮かばないがメールの引っ越しは回数を重ねた結果、一応できるようになっている。
今回の依頼もそのようなものだと考えて、気楽な気分で依頼人宅へ向かった。

部屋に通されて見たのは3台のパソコンである。
そのうちの1台でWindows7が動いており、Windows Live メールが起動されていた。
依頼人はメールの引っ越し作業はすでに何回もやってみたがなぜかうまくいかないという。
そういうお話しは依頼の電話で伝えてもらうとありがたいのだがと思いつつ、とりあえず、自分でメールの移行を試みることにした。
手順は以下の参考記事のとおりである。

参考記事 初心者でもわかる! Windows 7 の Windows Live メールへのメール移行術

特に問題なく、メールの移行はできたと思ったのだがなぜか、Windows Live メールの画面左側にあるインポートされたフォルダー以下が空白になっている。
「参考記事 初心者でもわかる! Windows 7 の Windows Live メールへのメール移行術 : パターン 4 - ステップ 4」のメールの取り込み「15.これまで使っていたパソコンからコピーしたメールが読めることを確認。」の画像では保存フォルダの下にインポートされたフォルダーがあり、そこに項目が並んでいる。

依頼人のWindows Live メールではそこが空白になっており、移行したメールを見ることができない。

依頼人はこの作業を合計6回繰り返したらしい。
どうしたらいいかわからなくて私に相談することにしたらしいが、私だってこんなものはじめてでわからない。

とりあえず、メールの移行はうまくいっているがなぜかよくわからない理由で表示されない。
そういう仮定で、Windows Live メールのデータの保存先をのぞいてみることにした。

Windows Live メールを終了して、Explorerを起動する。
Windows7ではWindows Live メールのインポートされたデータはC\Users\(依頼人のユーザー名)\AppData\Local\Microsoft\Windows Live Mail\Storage Folders\インポートされたフォルダ\ローカルフォルダにあることになっている。
Explorerでフォルダーを開いてみるとそこにきちんと保存されていた。

至って正常に見えるのだがなぜ、Windows Live メール上に表示されないのかよくわからない。

次にここで見つけた受信トレイのデータをC\Users\(依頼人のユーザー名)\AppData\Local\Microsoft\Windows Live Mail\(Liveメールのトレイ名)\Inboxのフォルダにコピー&貼りつけした。
同じく送信済みアイテムをC\Users\(依頼人のユーザー名)\AppData\Local\Microsoft\Windows Live Mail\(Liveメールのトレイ名)\Sent Itemsにコピー&貼りつけした。

この後、Windows Live メールを起動してみると「インポートされたフォルダー」の項目が表示された。

ただし、インポートされたフォルダーは7つある。
それにメールは受信トレイと送信済みアイテムにコピーしてしまい、元からあるWindows Live メールのメールと合体したので、「インポートされたフォルダ」はもう必要ない。

今回の現象がどうやって起きたのかよくわからないが依頼人の期待に応えることができたのはまことにめでたい。





当社ではパソコンの設定を最適な状態に維持できます。福岡市近郊でしたら出張サポートにより対応します。お気軽にご相談ください。



サポート事例の目次へ


トップページ   料金   サポート事例    御利用にあたって    当社ブログ 

パソコンサポート関連リンク集  
パソコンの豆知識目次
福岡のパソコン修理・出張サポートはT&MPCサービス福岡にお任せください