福岡のパソコン修理・出張サポートは福岡県糟屋郡須惠町のT&M PC サービス福岡
パソコン修理・サポート事例 
起動しなくなったPCのハードディスクからデータを取り出した。 
福岡のパソコン修理・出張サポートはT&MPCサービス福岡にお任せください
トップページ  料金  サポート事例  御利用にあたって  当社ブログ  
パソコンサポート関連リンク集   パソコンの豆知識集

パソコン修理・サポート事例  起動しなくなったPCのハードディスクからデータを取り出した。

事務所から歩いて10分足らずのお宅から起動できなくなったパソコンから取り出したHDDのデータのレスキューを依頼された。
そこでHDDと取りだしたデータを保存するUSBメモリーを預かった。
作業は私の事務所で行う。


とりあえずIDEのHDDをUSBに接続できるようにする機器を利用して、メンテ用のパソコンにつないでみた。
スタートメニューからコンピュータを右クリックし管理を選ぶ。
つぎに、ディスクの管理を開いてみたが初期化されていませんので初期化を実行しますかという表示が出た。
ここではたとえ間違っても初期化を実行してはいけない。

そこでかねてより用意してあるリムーバブルケースを使って、IDEでの接続を試みた。
これはUSBを経由せずにパソコン内のIDEインターフェイスと直接つなぐ方法である。
このケースはIDEとSATAの兼用なので、SATAの機器にIDEを納めるために変換の部品を使うのだが、これがケースにきっちり収まってくれない。
ケースを分解して、組み立て直し、何とか収まった。
パソコンはHDDを認識し、エクスプローラーで中身を見られるようになった。

 さて、依頼人は奥方から年賀状に使う住所録を何とかしろといわれているようだ。
それは筆ぐるめを使って作成されたものらしい。
ProgramFilesの中から筆ぐるめに該当すると思われるものを全て、USBメモリーにコピーしたのだが、これを依頼人に渡しただけではたぶん満足してもらえないだろう。
そこでインターネットを利用して筆ぐるめの該当バージョンの住所録を調べてみた。
予備知識を習得したので、依頼人に引き渡しということになった。
玄関に入り、HDDとUSBメモリーを渡し、ミッション終了ということにしようとしたのだが依頼人にあがっていけといわれた。
パソコン部屋に通され、住所録をパソコンに入れてくれといわれた。
ここまでは予想通りである。
パソコンにUSBメモリーを接続し、少し後に、依頼人にこのPCには年賀状ソフトがありませんといってみた。
しばらくの間、依頼人は家捜しをしていた。
見つけてきたのは年賀状ソフトは筆まめである。

筆ぐるめは見つからなかった。
これは使えませんなどとはいわずに、筆まめをPCにインストールした。
筆まめには過去バージョンの住所録や、他社製の住所録を変換して読み込む機能がある。
これをつかってUSBメモリーから筆ぐるめの住所録を読み込むことに成功した。
ミッション終了。






サポート事例の目次へ


トップページ  料金 サポート事例  御利用にあたって  当社ブログ 
パソコンサポート関連リンク集  パソコンの豆知識目次
福岡のパソコン修理・出張サポートはT&MPCサービス福岡にお任せください