福岡のパソコン修理・出張サポートは福岡県糟屋郡須惠町のT&M PC サービス福岡 
パソコン修理・サポート事例 USBメモリー内のファイルが文字化け 
福岡のパソコントラブル出張サポートはT&MPCサービス福岡にお任せください
福岡市および周辺で個人向けにパソコン訪問サポートをやってます。
ウィルス削除、LANの設定、データの移行など気軽にお電話ください。
代表  矢野勇雄  プロフィール
住所  福岡県糟屋郡須惠町上須恵1267-2ツインサンライズB201
受付 09:00~21:00  作業開始時刻はお客様の都合に合わせています。
TEL 092-410-6278
携帯 090-7390-8149

メール tmpcservice@fukuoka.nifty.jp
トップページ  サポート申し込み 料金  サポート事例  御利用にあたって  

パソコンサポート関連リンク集 当社ブログ

パソコン修理・サポート事例 USBメモリー内のファイルが文字化け

 パソコン修理・設定のT&M PCサービス福岡では、
 福岡市と福岡市近郊を中心に
 パソコンの修理、トラブル出張サポートをしています。

福岡市西区のお客様からのご依頼で、出張サポート修理。

 福岡市西区の方からUSBメモリーのファイル名が文字化けしているんですがウィルスに感染したんでしょうかという相談があった。
詳しく聞いてみるとファイルの日付は2070年になっているし、サイズは20ギガバイトになっていたりするらしい。
こういう場合、原因はともかくとしてファイルシステムが壊れていると考えて間違いないだろう。
私は求めに応じて訪問した。

依頼人はパソコンに刺さっていたUSBメモリーを無造作に引き抜き、問題のUSBメモリーをそこへ刺しなおした。
その動作を見て私は今のやり方がUSBメモリーのファイルシステムが壊れた原因ですよといった。
依頼人はUSBメモリーのランプがついていないときなら引き抜いても問題はないと聞いていたという。
確かに問題が起きないときもある。
コンピュータがUSBメモリーに対して書き込みを行っているときにはアクセスランプがついている。
読み出しの時も同様である。
しかし、ランプが消えているからといって書き込みが完了しているということにはならない。
今時のOSは遅延書き込みというものを行っていて、書き込みの命令が出ても実際の動作は遅れて行われるのが普通である。
パソコンが他の作業を行っていて忙しいときにはデータの書き込みを後回しにして、時間が空いたときに実際の書き込みを行うようになっている。
これはパソコンにとってデータの書き込みという作業が内部の処理に比べて圧倒的に時間のかかるものだからである。
《ハードウェアの安全な取り外し》は書き込みが終了していないデータが存在しないことを確認し、またファイルを閉じる動作が終了していることも確認している。
この作業が終わらないうちにUSBメモリーを取り外せばファイルシステムは壊れる。
《ハードウェアの安全な取り外し》の作業を手抜きしていると誰でもいつかはトラブルに遭うだろう。
今回はファイルシステムが壊れたUSBメモリー内のファイルは手持ちのソフトで、あっさりレスキューできた。

このソフトは起動しなくなったパソコンの中にあるハードディスクからデータを助け出すときにも役にたつ。
もしパソコンを使って仕事をされているならこのソフトを一本もっていても悪くないかもしれない。



この事例にあげられているような事柄でお困りの方、福岡市近郊でしたら出張サポートにより解決できます。気軽にご相談ください。

サポート事例の目次へ

トップページ  サポート申し込み 料金  サポート事例  御利用にあたって

パソコンサポート関連リンク集
  当社ブログ 
福岡のパソコン修理・出張サポートはT&MPCサービス福岡にお任せください。