福岡のパソコン修理・出張サポートは福岡県糟屋郡須惠町のT&M PC サービス福岡 
 クリックすると素早くお気に入りに登録できます。
福岡のパソコン修理・出張サポートはT&MPCサービス福岡にお任せください。
トップページ  料金  サポート事例  御利用にあたって  
パソコンサポート関連リンク集  ブログ  サポート予約


 

パソコン豆知識 Creators Update(1703)で変わったところ その1

Creators Update(1703)を使うようになって数日たったが、Anniversary Update(1607)を使っていた時と同じことをやる分には戸惑うようなことはあまりない。
Edgeに多少の変更が行われてる以外はデスクトップ画面では何も変わったところはないように見える。


ただ、いろいろと扱っていくうちに気がついたことがあるので、紹介しよう。
まず気がついたのが、コントロールパネルの開き方が難しくなっていることだ。
「スタート」ボタンを右クリックするか、Win+Xで開くメニューの「コントロールパネル」があった場所が「設定」に置き換えられている。

Menux001_2

コントロールパネルはCreators Update(1703)でも、「設定」から呼び出されることが良くあるようだ。
必要な時には単独で呼び出せるようにしておきたい。
そこで、Win+Rを使って、「ファイル名を指定して実行」を開き、「control」を入力、実行してみた。
この手順で、「コントロールパネル」を開けることが確認できた。

Control001

Controlpanel001

また、コルタナに聞くことによっても見つけることができた。

次に、「スタート」ボタンを右クリックするか、Win+Xで開くメニューの「コマンドプロンプト」があったところが、「PowerShell」に置き換わっていた。

Menux002

これをもとのコマンドプロンプトに戻す方法も探してみた。
これは、「設定」→「個人用設定」→「タスクバー」を開く。
次に、「[スタート] ボタンを右クリックするか Windows キー + X キーを押したときに表示されるメニューで、コマンド プロンプトを Windows PowerShell に置き換える」をオフにする。
これで、メニューにコマンドプロンプトが表示されるようになる。

Taskbarx001


コマンドプロンプトは仕事でも使う機会がよくあるのでこの設定を頭の中に入れておきたい。

Creators Update(1703)では、使い慣れたペイントがペイント3Dに置き換えられると聞いていたが、ペイントも残っているようだ。
ありがたい。



コラムの第36弾です。
▼文字コード「UTF-8」の基礎知識!サイト・ホームページの文字化けを防止
https://latte.la/column/98251259









トップページ  料金  サポート事例   御利用にあたって 
パソコンサポート関連リンク集  ブログ   サポート予約
福岡のパソコン修理・トラブル出張サポートはT&MPCサービス福岡が行っています。