福岡のパソコン修理・出張サポートは福岡県糟屋郡須惠町のT&M PC サービス福岡 
 クリックすると素早くお気に入りに登録できます。
福岡のパソコン修理・出張サポートはT&MPCサービス福岡にお任せください。
トップページ  料金  サポート事例  御利用にあたって  一ノ谷博士のブログ  

パソコンサポート関連リンク集  サポート予約


 

パソコン豆知識 スプールとは

パソコン修理・設定のT&M PCサービス福岡では、
福岡市と福岡市近郊を中心に
パソコンの修理、トラブル出張サポートをしています。

スプールとは連携して動作する機器の速度差を埋めるための機能である。
例えばパソコンからプリンタに印刷データを出力する場合、パソコンのデータ処理速度やプリンタへのデータ伝送速度はプリンタが印刷を実行する速度より圧倒的に速いため、パソコンが付きっ切りで印刷処理を行うと処理時間の殆どがプリンタが印刷を実行するのを待つ待機時間になってしまう。

このような場合に印刷データをハードディスクに一旦保存して、プリンタから求めがあるごとにデータを送るようにすればパソコンは印刷処理中にも他の仕事ができるようになる。
このような仕組みをスプール。この事例の場合は印刷スプール、プリンタスプールと呼ぶ。

また、パソコン上に常駐して、求めに応じて必要なデータを送るソフトをスプーラと呼んでいる。

さて、プリンタに印刷中、「スプール中」となって、印刷が実行されないことがある。
このような場合には、スプール中の印刷データが残っていることがある。
Windowsのバージョンによる違いがあるが、コントロールパネル→プリンターとFAX→と開いて、該当するプリンタのアイコンを開きます。
そこに何らかの原因で壊れて実行されなかったスプール中の印刷データが見つかったら、ドキュメント名を選んでDeleteキーを押してください。

これで印刷が始まらない場合はパソコンを再起動すると印刷が始まる場合がある。
試してみてください。

参考ページ 印刷待ちデータの削除方法<Windows>










トップページ  料金  サポート事例   御利用にあたって  一ノ谷博士のブログ 

パソコンサポート関連リンク集   サポート予約
福岡のパソコン修理・トラブル出張サポートはT&MPCサービス福岡が行っています。