福岡のパソコン修理・出張サポートは福岡県糟屋郡須惠町のT&M PC サービス福岡 
 クリックすると素早くお気に入りに登録できます。
福岡のパソコン修理・出張サポートはT&MPCサービス福岡にお任せください。
トップページ  料金  サポート事例   御利用にあたって  一ノ谷博士のブログ  

パソコンサポート関連リンク集  サポート申し込み


 

パソコン豆知識 何かおかしいWindows10

「Windows Defender」は、Windows8以降に使われるようになったマルウエア対策機能です。
しかし、他社のマルウエア対策ソフトがインストールされている場合は「Windows Defender」は自動的に機能を停止することになっています。
WindowsVistaや7で使われていた「Windows Defender」はスパイウエアの検知と除去用のソフトで、ここで取り上げているものとは別物です。

「Windows Defender」は他社のマルウエア製品ほどたくさんの機能を持っているわけではありません。
例えば、他社のマルウエア対策ソフトではファイルやフォルダを右クリックするとスキャンメニューが表示されるのですが、「Windows Defender」ではWindows 10 バージョン1511まで、スキャンメニューが表示されることはありませんでした。

Windows 10 バージョン1511からは、スキャンメニューが表示されるようになったのですが、「Windows Defenderでスキャンしています」と書かれています。



この日本語には違和感を感じます。
なにしろまだ、スキャンを実行する前から、「Windows Defenderでスキャンしています」と出ているのです。
「Windows Defenderでスキャンします」ぐらいがいいのではないでしょうか。

また、他社のマルウエア対策ソフトがインストールされ、「Windows Defender」が無効になっている場合でもこのメニューは表示されています。
クリックすると、「このアプリは無効になっており、コンピュータを監視していません。」と表示されます。

次回のアップグレードではたぶん修正されるでしょう。








トップページ  料金  サポート事例   御利用にあたって  一ノ谷博士のブログ 

パソコンサポート関連リンク集   サポート申し込み
福岡のパソコン修理・トラブル出張サポートはT&MPCサービス福岡が行っています。