福岡のパソコン修理・出張サポートは福岡県糟屋郡須恵町のT&M PC サービス福岡
 
福岡のパソコントラブル出張サポートはT&MPCサービス福岡にお任せ下さい
トップページ  料金  サポート事例   御利用にあたって  一ノ谷博士のブログ 

パソコンサポート関連リンク集 サポート予約申し込み


  カテゴリー別目次へ戻る


パソコン豆知識  プリンタを長持ちさせるこつ。

プリンタを長持ちさせるこつの第一は電源を切るときはプリンタの電源スイッチを使うことである。
プリンタの電源コードがOAタップにつながっているからといって、OAタップのスイッチを切ってプリンタの電源を落とすようなまねをしてはいけない。
もちろん、電源コードを引き抜くようなまねもしてはいけない。

インクジェット方式のプリンタで最もよく起きるトラブルといえば印刷がかすれたり、色がおかしくなったりすることである。
これは印字ヘッドのノズルが乾燥したり傷が入っていたりしたときにおきる。

プリンタの電源スイッチが切られたときには印字ヘッドにふたがされるようになっている。
しかし、これ以外の方法で電源が切られたときにはふたがされずノズルが乾いてしまう。
だからプリンタの電源を切るときにはプリンタのスイッチを使おう。

第二は、プリンタを数ヶ月にわたって放置しないことである。
年賀状と暑中見舞い以外にはプリンタを使わないという状態ではいくらふたがされていてもノズルが乾燥してしまう。
月に一度くらいは電源を入れて印刷をしよう。

第三に、プリンタを使わないからといってその上にものを置いてはいけない。
重みで、原稿台のガラスを破損することがある。

第四に、もったいないからといってしわが寄ったり、折れ目がある紙を使ってはいけない。
これらの紙はヘッドを傷つける場合があるし、紙送りの機構が故障することもある。

ノズルの乾燥はプリンタのクリーニング機能で修復できる場合もあるが完全に乾いていると修理もしくはヘッドの交換ということになる。




このページのトップへ

カテゴリー別目次へ戻る


トップページ  料金  サポート事例   御利用にあたって  一ノ谷博士のブログ 

パソコンサポート関連リンク集
 サポート予約申し込み
福岡のパソコントラブル出張サポートはT&MPCサービス福岡が行っています。