福岡のパソコン修理・出張サポートは福岡県糟屋郡須惠町のT&M PC サービス福岡 
福岡のパソコン修理・出張サポートはT&MPCサービス福岡にお任せください
トップページ  料金  サポート事例   御利用にあたって  一ノ谷博士のブログ  

パソコンサポート関連リンク集
 サポート予約申し込み


  カテゴリー別目次へ戻る


パソコン豆知識  WindowsXP最後のセキュリティ更新。

2014年4月9日の午前中、WindowsXPの最後の更新を実行してみた。
この記事はXPを使い続けようとする人には参考になる部分があるかも知れない。
というか使い続けようと思うなら最低でもこれぐらいはやっておく必要があると思う。

パソコンを起動すると以下のような警告がでた。

日付は4月8日になっているがこれは米国時間である。
これからXPを使い続けると毎月9日にこの警告がでる。

又、昨日までは青かったウイルス対策ソフトのアイコンが赤くなっている。
開いてみるとウイルス対策ソフトはサポートされていないOS上で動いているという警告がでた。

最後の更新は手作業でやる。
まず、MicrosoftUpdateを使って、優先度の高い更新を実行する。
終了したら、XPを再起動して、再びMicrosoftUpdateを使う。
今度はカスタムを使い、残りの更新を行う。
これにはルート証明書や、.NET Framework等が含まれている。
ルート証明書はサーバーの正当性を証明するために必要なもので、これがないと
偽サーバーを区別出来なくなる。
このルート証明書が更新出来なくなったために我が家のWindows2000ではインターネットにアクセスしようとすると警告の嵐になる。
.NET Frameworkも更新しておかないとこれを必要とするソフトが動かなくなるかもしれない。
他に絶対必要ではないと確信出来ないものは更新しておく。

再起動したらウイルス対策ソフトをアップデートする。
年末までは使えるようだ。

次にAdobeReaderをアップデートする。
もう一つ、FlashPlayerを更新する。
賞味期限の切れたWindows2000では更新出来ない。
同じ事はXPでも起きるはずである。
Javaはインストールしていないので更新の必要はない。

その他にレジストリーの変更を監視する常駐ソフトを動かしている。
また、Enhanced Mitigation Experience Toolkit という脆弱性緩和ツールも常駐させている。

WindowsXPが使い物にならなくなるのは時間の問題だがセキュリティ情報などに関心を持っていれば年内いっぱいぐらいは使えるだろう。
希望的観測ではある。



 

カテゴリー別目次へ戻る


トップページ  料金  サポート事例   御利用にあたって  一ノ谷博士のブログ 

パソコンサポート関連リンク集 サポート予約申し込み
福岡のパソコントラブル出張サポートはT&MPCサービス福岡が行っています。