福岡のパソコン修理・出張サポートは福岡県糟屋郡須惠町のT&M PC サービス福岡
 
福岡のパソコン修理・出張サポートはT&MPCサービス福岡にお任せ下さい
トップページ  料金  サポート事例   御利用にあたって  一ノ谷博士のブログ 

パソコンサポート関連リンク集 サポート予約


  カテゴリー別目次へ戻る


パソコン豆知識  Windows8のロック画面を非表示にするには。 

Windows8を起動するとまずロック画面が表示される。
このロック画面はスクリーセーバーから復帰したときにも表示される。
ロック画面からパスワード入力画面に進むには何かキーを押すか、画面をマウスでクリックするまたはタッチする必要がある。

この手順が面倒だと思う人のためにロック画面を表示させない方法を書いておこう。
例によってレジストリをいじる。
もし、操作を誤ってパソコンが動かなくなっても責任は負わないのでそのつもりでいてほしい。
バックアップは必ず取っておこう。

レジストリエディタを起動する。
Windowsキー+Rを押すと「ファイル名を指定して実行」が開く。
次に「regedit」と入力してEnterを押す
これでレジストリエディタが開く。

次のキーを開く。
HKEY_LOCAL_MACHINE¥SOFTWARE¥Policies
¥Microsoft¥Windows
この文字列は1行にすると右側が切れてしまうので2行に分けている。

「Windows」を右クリックして「新規」-「キー」を選んで「Personalization」という新しいキーを作成する。
次に「Personalization」を右クリックして「新規」-「DWORD値」を選んで「NoLockScreen」というDWORD値(32ビット)を作成する。

「NoLockScreen」をダブルクリックして「値のデータ」に半角数字で「1」を入力して「OK」ボタンをクリックする。

レジストリエディタを終了して再ログインすればロック画面は表示されなくなる。

レジストリを扱うのはちょっとねと言う方のために他の方法も書いておこう。
たぶんこちらの記事に書かれている方が簡単だろう。

参考記事 ログオン(サインイン)時に毎回、パスワードを入力しなくていいようにするには




カテゴリー別目次へ戻る

トップページ  料金  サポート事例   御利用にあたって  一ノ谷博士のブログ 

パソコンサポート関連リンク集
 サポート予約
福岡のパソコントラブル出張サポートはT&MPCサービス福岡が行っています。