福岡のパソコン修理・出張サポートは福岡県糟屋郡志免町のT&M PC サービス福岡 
 クリックすると素早くお気に入りに登録できます。
福岡のパソコントラブル出張サポートはT&MPCサービス福岡にお任せください
トップページ  料金  サポート事例   御利用にあたって  一ノ谷博士のブログ 

パソコンサポート関連リンク集 サポート予約申し込み



   カテゴリー別目次へ戻る


パソコン豆知識  Windows Update の「Bing デスクトップ」を隠すには。

 

 私が利用しているパソコンではWindowsの更新プログラムを自動でインストールされるように設定していない。
従って、更新をするときにはメニューを見て内容を毎回確認している。

Windowsは重要な更新と推奨される更新を自動的にダウンロードはするがその先、インストールするかどうかは自分で判断するようにしている。
他にオプションの更新プログラムというのがある。

今回は、このオプションに含まれる更新プログラムの話題である。

以下の画像には、1個のオプションの更新プログラムが利用可能と表示されている。

このオプションがBingデスクトップv1.3である。


《「Bing デスクトップ」は、手軽に「Bing検索」を行うためのデスクトップアクセサリーです。検索機能とBingで表示される美しい背景画像が、パソコンの壁紙になって日替わり表示されます。》

実は前のバージョンをインストールしたことがある。
上の説明には美しい画像とあるがやたらとけばけばしい。
その上に、「Bing検索」を利用する習慣がない。
結局、数時間もしないうちに削除してしまった。

これで「Bing デスクトップ」とは縁を切ったつもりでいたがまたオプションの更新プログラムに表示されるようになった。
そこでこれを見ないですむようにするため、Windows Updateの設定を変更することにした。

「Bing デスクトップ」を右クリックして「更新プログラムの非表示」を選択する。

これで、「Bing デスクトップ」を非表示にできる。
この方法は更新したくないプログラム全てに適用できる。
たまに何度も更新するようにいってくるプログラムがあるがこれでとりあえず隠しておくことができる。

もし、気が変わって、「Bing デスクトップ」を使いたくなったときはWindows Update の「非表示の更新プログラムの再表示」を開いて、「再表示」の操作をする。

ここに書いたテクニックは他の更新プログラムに対しても同じやり方でおこなうことができる。




このページのトップへ

カテゴリー別目次へ戻る


トップページ  料金  サポート事例   御利用にあたって  一ノ谷博士のブログ 

パソコンサポート関連リンク集
 サポート予約申し込み
福岡のパソコントラブル出張サポートはT&MPCサービス福岡が行っています。