福岡のパソコン修理・出張サポートは福岡県糟屋郡須惠町のT&M PC サービス福岡
 
福岡のパソコントラブル出張サポートはT&MPCサービスにお任せください。
トップページ  料金  サポート事例  御利用にあたって  一ノ谷博士のブログ  

パソコンサポート関連リンク集
 サポート申し込み


  カテゴリー別目次へ戻る


パソコン豆知識  IMAP4とは

 IMAP4とはinternet message access protocol Version4の頭文字語です。
IMAP4はメールサーバーとクライアントの間でメールのやりとりを行うためのプロトコルです。
メールの送受信にはPOP3/SMTPがひろく使われていますがPOP3/SMTPではメールをクライアント側で保持するようになっているので、受信したパソコン以外でメールを見るためにはそのメールをコピーするという方法を使わざるを得ません。
IMAP4ではメールをサーバー側に保持する方式をとるために複数のパソコンから必要に応じてメールを読むことができます。
一般のメールソフトにはサーバーにメールを保存しておくというオプションがあるのでそれを使えばいいではないかと思う人もいるでしょう。
しかし、そうなると複数のパソコンを持っているような場合、メールを受信するとどちらも同じメールを受信することになります。
デスクトップで受信したメールを整理してフォルダに分割しているような場合、ノートPCで受信した場合にも同じ作業を繰り返すことになりますが、メールの数が多いような場合にはかなり面倒だと感じるでしょう。
これはPOPサーバーが既読未読といったような情報をサーバー側に保持していないからです。
IMAP4の場合にはこのようなことはおきません。
IMAP4では未読/既読といった状態や、メールフォルダがメールサーバー側のユーザーメールボックスに保管されており、クライアント側にメールが蓄積されません。
これとよく似ているのが多くのプロバイダーが提供するWebメールで未読既読の情報やメールがプロバイダ側に保管されています。

ついでですがWindows8のスタート画面にあるメールはIMAP4やExchange Serverに対応しており、POP3には対応していません。したがって、@NIFTYなどの一般プロバイダのメールはそのままでは受信できません。
設定を変更すれば可能ですが使い慣れたメールソフトがあるなら、デスクトップにWindows Live メールやThunderbirdなどをインストールしておくのがいいでしょう。



このページのトップへ

カテゴリー別目次へ戻る


トップページ  料金  サポート事例   御利用にあたって  一ノ谷博士のブログ 

パソコンサポート関連リンク集 サポート申し込み
福岡のパソコントラブル出張サポートはT&MPCサービス福岡が行っています。