福岡のパソコンサポートは福岡県糟屋郡須惠町のT&M PC サービス福岡
 
福岡のパソコントラブル出張サポートはT&MPCサービス福岡にお任せ下さい
トップページ  料金  サポート事例   御利用にあたって  一ノ谷博士のブログ  

パソコンサポート関連リンク集
 サポート予約申し込み


  カテゴリー別目次へ戻る


パソコン豆知識  メールの設定とは相性が悪い。 

Windows7の設定をしました。
数日中にWindows8が搭載されたパソコンが発売されるので、展示品が安売りされていたそうです。
今回、私が依頼されたのはHDDを分割することとメールの設定です。
HDDの容量は1.4Tバイトありましたので、Cドライブを800Gバイト、Dドライブを600Gバイトに分割しました。
この作業にはパーティション・マスターというフリーのソフトを使用しました。
これは日本語化されていないので、英語が苦手な人には使いにくいかもしれません。
しかし直感的に使えるし、必要な機能はすべて備えています。

次が問題のメール設定です。
いまの仕事を始めるまで気がつきませんでしたが私はメールの設定とは相性が悪い人間です。
プロバイダーから送られてきた書類を見ながら設定を始めました。
メールソフトはWindows Live Mailです。
設定が終わり、送受信をしてみました。
見慣れた画面が表示されました。
メールアドレス、もしくはパスワードを入力しなおすようにと指示が出ています。
依頼人は書類に書かれているパスワードを変更したことはないといっています。
作業を最初からやり直しました。
結果は同じです。
私の作業に問題がないことを確認するためにプロバイダのサイトにある、メールの簡単設定を使ってみました。
やはり結果は同じです。
このあと、プロバイダーのサポートの電話を入れ、指示に従ってメールの設定をやり直しました。
結論はパスワードが書類に掲載されているものから変更されているということでした。

メールの設定がうまくいかなくて悩んだことは何度もあります。

Macのメール設定を依頼されたことがありますが依頼人が見せてくれたメールアドレスはその時点では有効になっていませんでした。
依頼人は設定ができないのは私が無能だからだと最後まで考えていました。

また、依頼人がこれがパスワードだと見せてくれた書類が明らかに間違っていた例。
この書類にはインターネットにログインするのに必要なIDとパスワードが書かれていましたがメールのことは何も書かれていませんでした。
その上に他に書類はないと主張されました。

依頼人のお節介焼きの友人がメールアドレスとパスワードを変更したせいで何が正しいかわからなくなった例。もちろん、その友人もわからなくて私が呼ばれました。

依頼人がプロバイダーから送ってきたといって見せてくれた書類が実は依頼人の自作だったという例。
これは一見してよくできていて区別できませんでした。
しかし残念ながら内容が間違っていました。

最近ではメールの設定がうまくいかない場合はすみやかにプロバイダーに相談するようになりました。

パスワードがわからなくなるユーザーがいなくなることはたぶんないでしょう。
頭が痛い!


このページのトップへ

カテゴリー別目次へ戻る


トップページ  料金  サポート事例   御利用にあたって  一ノ谷博士のブログ 

パソコンサポート関連リンク集 サポート予約申し込み
福岡のパソコントラブル出張サポートはT&MPCサービス福岡が行っています。