福岡のパソコン修理・出張サポートは福岡県糟屋郡須恵町のT&M PC サービス福岡
 
福岡のパソコントラブル出張サポートはT&MPCサービス福岡にお任せください
トップページ  料金  サポート事例  御利用にあたって  一ノ谷博士のブログ  

パソコンサポート関連リンク集
 サポート申し込み


  カテゴリー別目次へ戻る


パソコン豆知識  SSD上の仮想メモリー領域をHDDに移動する。

 

 Windowsの仮想メモリーに使われるページングファイルは頻繁に書き換えが発生する。
Cドライブを書き換え回数に上限があるSSDにしている場合はこれが寿命を縮める原因になるかもしれない。
CドライブをSSD、Dドライブをハードディスクにしているような場合は仮想メモリー領域、つまりページングファイル(pagefile.sys)をCドライブのSSDからDドライブに移動することが可能である。
コントロールパネルのシステムを開き、システムの詳細をクリックする。
システムのプロパティの詳細設定タブからパフォーマンスの設定をクリックする。
パフォーマンスオプションの詳細設定タブにある仮想メモリの設定をクリックする。
ようやく設定画面にたどり着いた。



まず、Cドライブのページングファイルを削除する。
すべてのドライブのページングファイルのサイズを自動的に管理するにチェックが入っていたら削除する。
これをしておかないと自動的にCドライブに仮想メモリー領域が設定されてしまう。
SSD(Cドライブ)にあるページングファイルを「ページングファイルなし」にする。「設定」をクリックする
警告画面がでるが「はい」をえらぶ。



次にHDD(Dドライブ)を選びカスタムサイズの初期サイズにパソコンに搭載しているメモリーと同じ量を設定する。最大サイズはそれに1GB加えたサイズを設定する。
たとえば4GB搭載されているなら初期サイズは1024×4で4096だ。最大サイズはこれに1024加えた数だと思ってもらえばいい。
入力したら「設定」をクリックする。
再起動をするとDドライブにページングファイルができているのを確認できる。
ページングファイルは隠しファイルなのでファイルオプションの設定を変更しておかないと見ることができない。



このページのトップへ

カテゴリー別目次へ戻る


トップページ  料金  サポート事例   御利用にあたって  一ノ谷博士のブログ 

パソコンサポート関連リンク集 サポート申し込み
福岡のパソコントラブル出張サポートはT&MPCサービス福岡が行っています。