福岡のパソコン修理・出張サポートは福岡県糟屋郡須恵町のT&M PC サービス福岡
 
福岡のパソコントラブル出張サポートはT&MPCサービス福岡にお任せ下さい
トップページ  料金  サポート事例   御利用にあたって  一ノ谷博士のブログ 

パソコンサポート関連リンク集 サポート申し込み



  カテゴリー別目次へ戻る


パソコン豆知識  USBメモリーをフォーマットする際のファイルシステムの選択肢。 

 

USBメモリーの話である。
これを利用されている人は多いと思うがその中でもたまにはフォーマットを実行する必要に迫られる人もあると思う。
そのようなときに役にたつかもしれない記事である。
フォーマットをするときには利用するファイルシステムを選択する必要がある。
USBメモリーで利用できるファイルシステムには4種類ある。
4GB以下ではFAT32、8GB以上ではexFATを使いたい。
exFATは、フラッシュメモリーを使ったドライブ用のファイルシステムである。
16EB(エクサバイト)まで対応可能で、事実上ファイルサイズの制限がない。
もしWindows Vista/7をつかっているなら、ハードディスク用のファイルシステムである「NTFS」でも構わないが、exFATの方がデータの転送速度が速いし、Mac OSからも書き込める。

1ファイルの最大容量 ドライブの容量 ウインドウズ対応 MacOS対応
FAT 2Gバイトまで 4Gバイトまで 全てのバージョン OS8.6以降
FAT32 40Gバイトまで 2Tバイトまで 全てのバージョン OS X以降
exFAT 16Eバイトまで 16Eバイトまで Vista以降は標準対応。XPはソフトを追加する必要がある。

OS X10.6.5以降

NTFS 256Tバイトまで 256Tバイトまで XP以降は標準対応 標準では読み込みだけできる。

XPで追加するプログラムは「KB955704」である。
検索すれば見つかるだろう。
一応マイクロソフトのダウンロードセンターで見つかることになっている。




このページのトップへ


カテゴリー別目次へ戻る



トップページ  料金  サポート事例   御利用にあたって  一ノ谷博士のブログ 

パソコンサポート関連リンク集
 サポート申し込み
福岡のパソコントラブル出張サポートはT&MPCサービス福岡が行っています。