福岡のパソコン修理・出張サポートは福岡県糟屋郡須惠町のT&M PC サービス福岡
 
福岡のパソコン修理・出張サポートはT&MPCサービス福岡にお任せください
トップページ  料金  サポート事例   御利用にあたって  一ノ谷博士のブログ 

パソコンサポート関連リンク集 サポート予約申し込み


  カテゴリー別目次へ戻る


パソコン豆知識  Windowsのファイル名を拡張子付きで表示するには。 

Windowsで使われているファイル名にはファイルの種類を区別するために末尾に拡張子がついています。
しかし、Windowsでは標準では表示されるようになっていません。

例えば予定表.xlsとか料金表.xlsxなどです。
.xlsや.xlsxが拡張子です。
予定表.xlsはエクセル2003で作ったファイルです。
料金表.xlsxはエクセル2007以降でつくったファイルです。
電子メールなどでこのようなファイルを受け取ったとき、拡張子が読めるとこのファイルを開くのに必要なソフトが簡単にわかるようになります。

他にもなにかの都合で指定されたファイルを見つけようとすると同じ名前のファイルがたくさん見つかってどれが必要としているファイルかわからないことがあります。
アイコンの絵柄でわかる場合もありますがそうでない方が多いでしょう。
このようなときにも拡張子が表示されるようにすることが必要です。

そこでファイル名の後ろに拡張子が表示されるようになる方法を書いておきます。
コントロールパネルからフォルダオプションを開く。
もしくはエクスプローラーのツールから開く。
表示タブを開き、詳細設定にある「登録されている拡張子は表示しない」のチェックを外す。
次に適用ボタンを押す。
これでファイル名に拡張子がつくようになります。



このページのトップへ

カテゴリー別目次へ戻る


トップページ  料金  サポート事例   御利用にあたって  一ノ谷博士のブログ 

パソコンサポート関連リンク集
 サポート予約申し込み
福岡のパソコントラブル出張サポートはT&MPCサービス福岡が行っています。