福岡のパソコン修理・出張サポートは福岡県糟屋郡須惠町のT&M PC サービス福岡
 
福岡のパソコン修理・出張サポートはT&MPCサービス福岡にお任せください
トップページ  料金  サポート事例   御利用にあたって  一ノ谷博士のブログ 

パソコンサポート関連リンク集 サポート予約申し込み


  カテゴリー別目次へ戻る


パソコン豆知識  「Windows Superfetch」を無効にする。 

 「Windows Superfetch」というのは「プリフェッチ」の強化版である。
これはソフトの起動頻度だけではなく、使われる曜日や時間帯を考慮して、ソフトをあらかじめ、メインメモリーに展開しておくものである。
普通、ソフトの起動は「ソフトを起動する指示」→「ハードディスク上のソフトを読み出す」→「ソフトをメインメモリーに展開する」→「ソフトを実行する」という手順を踏む。
これに対してあらかじめ過去のデータに基づいて必要と思われるソフトをメインメモリーに展開しておく、こうすれば読み出しにかかる時間の分だけソフトの起動時間が短縮される。
もし、予想が外れても通常の起動をするだけなので遅くはならない。

しかし、これも読み出し速度の遅いハードディスクなら効果が見込めるがランダム読み出しが高速なSSDやRAID0ボリュームを使っている場合は役に立つとはいいにくい。
本来、Windows7ではSSDを使うと「プリフェッチ」と「Windows Superfetch」は自動的に停止するはずだがそうならない場合もある。
そのような場合は以下の手順で停止することができる。

 注意をひとつ、Windows7では「Windows Superfetch」は「ReadyBoost」と併せてひとつのサービスとして提供されているので、無効にすると「ReadyBoost」も使えなくなる。

「Windows Superfetch」を停止する。
「スタート」→「コンピュータ」→「管理」と進み、管理ツールを起動する。
右側のサービスをダブルクリックする。もしかしたら「サービスとアプリケーション」を開く必要があるかもしれない。

「Windows Superfetch」をダブルクリックする。

スタートアップの種類を「無効」にして、サービスの状態で「停止」をクリックする。


このページのトップへ

カテゴリー別目次へ戻る


トップページ  料金  サポート事例   御利用にあたって  一ノ谷博士のブログ 

パソコンサポート関連リンク集
 サポート予約申し込み
福岡のパソコントラブル出張サポートはT&MPCサービス福岡が行っています。