福岡のパソコン修理・出張サポートは福岡県糟屋郡須惠町のT&M PC サービス福岡
 
福岡のパソコントラブル出張サポートはT&MPCサービス福岡にお任せ下さい
トップページ  料金  サポート事例  御利用にあたって  一ノ谷博士のブログ  

パソコンサポート関連リンク集
 サポート申し込み


  カテゴリー別目次へ戻る


パソコン豆知識  TCPコネクションスキャンとは

 

 TCPによるスリーウェイハンドシェイクを実行し、コネクションが確立できたかどうかによって使用できるポートを探す手法です。
TCPのスリーウェイハンドシェイクではSYN(接続要求)フラグをオンにしたパケットを送り、相手が接続を許可するのであればACK(確認応答)とSYNがオンになったパケットが返ってきます。これにACKパケットを返すことでコネクションが確立します。
C言語を使ってこのプログラムを書く場合はconnect()関数を使うだけで、スリーウェイハンドシェイクの処理がすべて行われます。
このような手軽さから、多くのポートスキャンツールではTCPコネクションスキャンが使われます。
ただし、この手法を使うと一時的でもコネクションが確立するので、サーバーログに記録が残ります。

このようなポートスキャンに対する対策では一定時間に受け取るSYNパケットの数を制限しておくことが有効です。



このページのトップへ

カテゴリー別目次へ戻る


トップページ  料金  サポート事例   御利用にあたって  一ノ谷博士のブログ 

パソコンサポート関連リンク集 サポート申し込み
福岡のパソコントラブル出張サポートはT&MPCサービス福岡が行っています。