福岡のパソコン修理・出張サポートは福岡県糟屋郡須惠町のT&M PC サービス福岡
 
福岡のパソコントラブル出張サポートはT&MPCサービス福岡にお任せ下さい
トップページ  料金  サポート事例  御利用にあたって  一ノ谷博士のブログ  

パソコンサポート関連リンク集
 サポート申し込み


  カテゴリー別目次へ戻る


パソコン豆知識  相手先ホストまでの経路を表示するコマンド (TRACERT)

 

TRACERTは相手先ホストまでの経路を表示するコマンドである。LinuxならTRACEROUTEだ。
書式 TRACERT 《オプション》相手先ホスト
-h 数字 ホップ数を数字で指定された回数に限定する。
-w タイムアウト時間をミリ秒単位で指定する。

TRACERTはTTLを1に指定して相手先ホストへICMP ECHOを送る。何らかのルータを通過するとTTLが1つ減る。TTLが0になるとルータはICMP time Exceededを返す。これによって最初のルータのIPアドレスがわかる。次にTTLを2にしてICMP ECHOを送る。以下繰り返しによって全行程のルータがわかる。相手先のホストからECHOが返るかホップ数が30を超えるか、到達不可能メッセージが返るまで繰り返す。また、様々な理由で外部からホスト名が参照できなくなっている場合が多い。



このページのトップへ

カテゴリー別目次へ戻る


トップページ  料金  サポート事例   御利用にあたって  一ノ谷博士のブログ 

パソコンサポート関連リンク集 サポート申し込み
福岡のパソコントラブル出張サポートはT&MPCサービス福岡が行っています。