福岡のパソコン修理・出張サポートは福岡県糟屋郡須惠町のT&M PC サービス福岡
 
福岡のパソコン修理・出張サポートはT&MPCサービス福岡にお任せ下さい
トップページ  料金  サポート事例   御利用にあたって  一ノ谷博士のブログ 

パソコンサポート関連リンク集 サポート申し込み


  
カテゴリー別目次へ戻る


パソコン豆知識  仮名入力からローマ字入力に変えられない。(インターネットエクスプローラー)


パソコン修理・設定のT&M PCサービス福岡では、
福岡市と福岡市近郊を中心に
パソコンの修理、トラブル出張サポートをしています。

 お客さんのパソコンを世話しているとわからない事象に巡り会うことがときどきあるので、世話しているパソコンとは違うパソコンでインターネットを使わせてもらうことがある。
先日もお客さんのパソコンでインターネットエクスプローラー8を使って検索をしようとしたら仮名漢字の入力方法が仮名入力であった。
私は長い間ローマ字入力を使っているので仮名入力では仕事がはかどらない。
そこでAltキーとカタカナひらがなキーを押してローマ字入力に変えようとした。
ローマ字入力にするかと聞いてくるので、イエスと答えた。
文字を入力しようとすると仮名入力のままである。
おかしい。
ローマ字入力に変えたはずだ。
少し考えてみると最近別のところでも似たようなことがあったのを思い出した。
インターネットエクスプローラー8では画面最下部のステータスバーに保護モードという表示が出ている。
これが出ていると仮名漢字の入力方法が変えられない。
保護モードを解除するか、インターネットエクスプローラー8以外の場所で仮名漢字の入力方法を変えるしかない。
知らないと結構やっかいである。

その後、調査してみた。

検索ボックスや検索ページの検索語句入力欄をクリックし、キーボードの[CTRL]キーと[SHIFT]キーを押しながら[カナ/かな]キーを押します。
この手順で、保護モードが有効のままでも入力モードを切り替えられる。
知らなければやはりどうしようもない。

ちなみに、インターネットエクスプローラー9ではこのようにならない。




カテゴリー別目次へ戻る

トップページ  料金  サポート事例   御利用にあたって  一ノ谷博士のブログ 

パソコンサポート関連リンク集
 サポート申し込み
福岡のパソコントラブル出張サポートはT&MPCサービス福岡が行っています。