福岡のパソコン修理・出張サポートは福岡県糟屋郡須惠町のT&M PC サービス福岡
 
福岡のパソコントラブル出張サポートはT&MPCサービス福岡にお任せ下さい
トップページ  料金  サポート事例   御利用にあたって  一ノ谷博士のブログ 

パソコンサポート関連リンク集 サポート申し込み


  カテゴリー別目次へ戻る


パソコン豆知識  インターネットにつながらない。その難しい理由。Bogon IP問題

 

今回は機械や設定などに何の問題もないのに、ホームページが見られなくなる変わったケースについてお話しします。
この問題はBogon IP問題といわれています。


運の悪いユーザーがプロバイダーから割り当てられたIPアドレスによって引き起こされます。
ユーザーが見ることができないホームページも他のユーザーには正常に表示されます。
Bogon IPとはインターネット上で本来利用されていないはずのIPアドレスです。
具体的にはプライベートアドレスやマルチキャストアドレスなどです。

この他にIPアドレスを管理している世界的な組織(IANA)がまだ割り振っていない(使用を許可していない)アドレスがあります。
これらのアドレスはインターネット上では使われていないはずのものですがDDoS攻撃スパムメール(迷惑メール)の送信などに利用されることがあります。
このアドレスを利用して発信元をごまかそうとするわけです。
このような問題の対策として、プロバイダーや、中継ネットの事業者、もしくはWebサイトの管理者はこれらのアドレスを対象にフィルタリングを実施します。
これらのリストに載ったアドレスのパケットが届いたら破棄するようになっています。

このリストはIANAが新しくアドレスを割り振りプロバイダーがユーザーにそのアドレスを配布するようになる前に、そのアドレスが利用可能になるように更新する必要があります。
しかしこのアドレスが更新漏れになったり、更新すべき管理者が不在だったりして、フィルタリングのリストに載ったままになることがあります。
運の悪いユーザーがこのアドレスを割り当てられた場合、更新されていないリストを持った機器によってはじかれてホームページが見られなくなってしまうわけですね。





このページのトップへ


カテゴリー別目次へ戻る


トップページ  料金  サポート事例   御利用にあたって  一ノ谷博士のブログ 

パソコンサポート関連リンク集
 サポート申し込み
福岡のパソコントラブル出張サポートはT&MPCサービス福岡が行っています。